なべよこ観察隊|鍋横物語 見たい 聞きたい 記録したい|東京都中野区

なべよこ観察隊は、鍋横地域協議会の課題別部会である地域センター部会の中の専門部として活動しています。メンバーの多くは青少年の育成活動、町会、PTAなどの地域活動を通して、この活動に興味をもった人たちです。日常の生活の中で、目についた地域の様子、興味を感じたまちの様子をそれぞれ出し合い、実際にまちを歩いて観察しました。

第2章【3】堀之内街道沿い

第2章【3】(2)雑木林は遊び場 語り部:高野広國(大正8年生)・高野セッ子(大正9年生)

◆ 私は、昭和6年に鍋横の追分に、家内は昭和7年に鍋横商店街の近くに越して来ました。うちは花屋だったので、この辺りのお屋敷にはよく配達に行かされました。現在の所に店を出したのは結婚してからですが、家の前にある東京文化幼稚園や和田保育園の辺りは…

第2章【3】(1)しがらき山の一本松 語り部:中村せい(明治39年生)

語り部:中村せい(明治39年生) しがらき山の一本松は、堀之内街道沿いにあって、大きく枝を広げて日差しを遮っているためか、木の下はいつもジメジメしていたのを覚えています。 一本松の下の方は谷底のようになっていて、降りていくと清水が湧き、荒れ果…

第2章【3】(扉)堀之内街道沿い

江戸時代、文政年間(1818~1829年)に堀の内の妙法寺への参詣道として栄えた道で、当時は茶店がたくさんあり、途中に「しがらき茶屋」という大きな料理屋が明治末期頃まであったそうです。