なべよこ観察隊|鍋横物語 見たい 聞きたい 記録したい|東京都中野区

なべよこ観察隊は、鍋横地域協議会の課題別部会である地域センター部会の中の専門部として活動しています。メンバーの多くは青少年の育成活動、町会、PTAなどの地域活動を通して、この活動に興味をもった人たちです。日常の生活の中で、目についた地域の様子、興味を感じたまちの様子をそれぞれ出し合い、実際にまちを歩いて観察しました。

第2章【8】懐かしの映画館

第2章【8】(2)おせんにキャラメル、タカラ館 語り部:肥後正子(大正15年生)

語り部:肥後正子(大正15年生) 私か子どもの頃の鍋横は原っぱが多くて、あっちこっちで盆踊りや草相撲等をやったりしてました。 鍋横の交差点のあたり(中央4‐1)も原っぱが多かったけど、そこに「オデヲン座」という映画館があって、たしか最初は「ロマン…

第2章【8】(1)時代劇スターに胸がドキドキ 語り部:能勢小夜子(大正15年生)

昭和初期の中野館 中野警察から杉山公園寄りに城西館があり、松竹下加茂や大船の映画を上映していました。 「雪之丞」の林長二郎、「愛染かつら」の田中絹代、桑野通子、森川まさみ、「浅草の灯」の高峰三枝子、時代劇の坂東好太郎、高田浩吉、川浪良太郎と…

第2章【8】(扉)懐かしの映画館

テレビが普及する前の娯楽に映画があげられます。戦前、戦後にかけて鍋横には中野館、城西館、オデヲン座、タカラ館などの映画館があり、大勢の人々に親しまれていました。