なべよこ観察隊|鍋横物語 見たい 聞きたい 記録したい|東京都中野区

なべよこ観察隊は、鍋横地域協議会の課題別部会である地域センター部会の中の専門部として活動しています。メンバーの多くは青少年の育成活動、町会、PTAなどの地域活動を通して、この活動に興味をもった人たちです。日常の生活の中で、目についた地域の様子、興味を感じたまちの様子をそれぞれ出し合い、実際にまちを歩いて観察しました。

第3章【2】(9)自動車修理も数少なく 語り部:高橋喜久雄(大正7年生)  

語り部:高橋喜久雄(大正7年生)

語り部:高橋喜久雄(大正7年生)

 小学校6年の頃、新宿から引っ越して来て以来70年余り鍋横に住んでいます。近くに開校(昭和3年)したばかりの本郷小学校があり、近辺は窪地だったので葦が生えていました。家は少し高台にあり、辺りは一面原っぱで数軒の家が点在しているという感じでした。

 父親が自動車修理工場を営んでいて、青梅街道に馬車が通っていた頃ですから、同業者は新宿から吉祥寺の間にうちを含めて2・3軒しか無かったと思います。

 修理と言っても車の数が少ないから衝突事故などほとんど無く、まあ車軸が折れたとかエンジンの故障くらいですか。現場で直すか、工場に持ち込む場合はトラックにロープで牽引してきていました。鍋横で乗用車があったのは現在NTT社宅(本町5-28)になっている有島邸くらいでしたね。

 私は、父親の仕事をてつだっていたので余りこの近くで遊んだ記憶はありませんが、6歳下の弟は夏になるとよく神田川沿いにあった中野プールに行っていました。

 5銭もらってお釣りで駄菓子を買うのが楽しみと言っていたから、入場料は2銭くらいだったのでしょうか。