なべよこ観察隊|鍋横物語 見たい 聞きたい 記録したい|東京都中野区

なべよこ観察隊は、鍋横地域協議会の課題別部会である地域センター部会の中の専門部として活動しています。メンバーの多くは青少年の育成活動、町会、PTAなどの地域活動を通して、この活動に興味をもった人たちです。日常の生活の中で、目についた地域の様子、興味を感じたまちの様子をそれぞれ出し合い、実際にまちを歩いて観察しました。

第2章【9】(2)鍋捨横丁の由来 語り部:横田美桜多(明治45年生)

地図

地図

 この道は、かつては青梅街道から本郷氷川神社までの参詣道でした。昭和10年中野新橋通りが青梅街道に直結してから、人通り少なくなりましたね。

 鍋屋の横田家とは親戚筋にあたり、鍋の一字と義父の横田捨五郎の捨と組み合わせて鍋捨の屋号としたそうで、横丁の名前になりました。

 お店は、現在、プリ・ヴェール新中野(本町4‐5)というビルのところにあって、大正から昭和の始め頃まで果物と駄菓子などを売っていました。

 果物屋といっても裏の畑一帯に柿の木があり、それを干し柿、樽柿にして売っていました。

 荷車が通るときに一休みしながら、これらを買い求め、お茶などを飲んだりしていたようです。