なべよこ観察隊|鍋横物語 見たい 聞きたい 記録したい|東京都中野区

なべよこ観察隊は、鍋横地域協議会の課題別部会である地域センター部会の中の専門部として活動しています。メンバーの多くは青少年の育成活動、町会、PTAなどの地域活動を通して、この活動に興味をもった人たちです。日常の生活の中で、目についた地域の様子、興味を感じたまちの様子をそれぞれ出し合い、実際にまちを歩いて観察しました。

第3章【1】(扉)道・街道・道路

鍋屋横丁交差点。手信号と東横バスが中ほどに見えます(中野町誌より)

鍋屋横丁交差点。手信号と東横バスが中ほどに見えます(中野町誌より)

 鍋横地域のほぼ中心を東西に2本の道路が通っています。

 一つは「青梅街道」です。慶長年間に江戸城の改築や寺院の造営に使う石灰を産地の青梅から江戸に運ぶ為に拓かれました。

 当時は近郊農家で江戸市中向けの野菜作りが盛んで、それに使う下肥を江戸の武家屋敷や町屋などから調達していました。そのため街道は人々や荷車の往来が盛んでした。

 その後、大都市化の過程で、また戦争もあり沿道の町はさまざまな変化をとげ、青梅街道も何回かの拡幅により大きくなりました。

 もう一つは「堀之内街道」です。江戸時代後期妙法寺(杉並区)への参詣道として、多くの善男善女でにぎわいました。

 江戸時代の文人太田蜀山人の「堀之内妙法寺記」にその様子が描かれています。明治22年に鉄道が開通し、中野駅からの堀の内新道がつくられ、鍋屋横丁からのこの道は衰退していきました。

 この道の変遷とともに移り変わっていった周辺のようすを昭和初期頃までに遡って聞いてみました。