なべよこ観察隊|鍋横物語 見たい 聞きたい 記録したい|東京都中野区

なべよこ観察隊は、鍋横地域協議会の課題別部会である地域センター部会の中の専門部として活動しています。メンバーの多くは青少年の育成活動、町会、PTAなどの地域活動を通して、この活動に興味をもった人たちです。日常の生活の中で、目についた地域の様子、興味を感じたまちの様子をそれぞれ出し合い、実際にまちを歩いて観察しました。

第3章【3】(4)地域のリーダー 語り部:神津賢一(大正13年生)

語り部:神津賢一(大正13年生)

語り部:神津賢一(大正13年生)

 昭和19年、本町6丁目に移り住んできました。その前にも本町6丁目に親戚の家があったので、この辺には子どもの頃よく来ていました。

 十貫坂の酒屋さん(足立屋)の前あたりにポテト(じゃがいもを揚げたもの)を売っている店があり、当時としてはハイカラで、おこずかいをもらって買っていましたね。

 越してきた当時は、西町の町会はなく、その前身の西町青年会で私は会長を務めました。現在の杉並区の富士見ハイムにグランドがありましたので、4つのチームを作り野球のトーナメント試合を開催しました。私は審判をしました。

 現在、行っているラジオ体操は、この頃子どもたちを集めて始めたものです。

現在も続いている朝のラジオ体操(杉山公園)

現在も続いている朝のラジオ体操(杉山公園)

 昭和25年頃でしょうか、西町青年会で、町内をぐるっと一回りしてから大宮八幡・府中の大国魂神社を通り高尾山までのサイクリングをしました。

 今ほど自転車が普及しておらず機能も充実していませんでしたが50人位の参加があったでしょうか。大体片道3時間位かかったのを覚えています。

 ご記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。